クレジットカードの発行を勧めるのはどうしてなのでしょうか?

クレジットカードをお店が勧めてくるわけ

最近ではお店やガソリンスタンドなどで「クレジットカードを作りませんか?」「入会していただければ今日からポイントつきます」などとクレジットカード発行を催促される場合が多くなっています。いわゆる提携カードで、ガソリンが安くなったり、決まった日に5%程度の割引になったりというカードです。

なぜ、あんなにもカードの発行を勧められるのでしょうか?理由は簡単で、提携カードを作っているお店はカード会員を1名獲得するごとにカード会社からインセンティブを受け取ることができるのです。少ない場合で500円、多い場合では5,000円ほどになります。

また、販売店が発行する提携カードの場合、ショッピングインセンティブがつきます。これはそのお店を通して発行された提携カードをカード会員が利用した場合、その利用額に応じてカード会社がお店に報酬を支払うのです。

最近では携帯電話ショップなどで「このクレジットカードをここで申し込んでくれた場合、携帯電話の価格を3,000円割引します」という勧誘も増えています。そのようにいっておいて、裏ではクレジットカード会社から5,000円貰えるので、ショップとしても損はしないのです。

利用者は損はしない

しかしもちろん、カードの利用者からしてみれば、単純に3,000円の割引になるわけで、損は一切ありません。そのため、そのカードに魅力を感じた場合や、クレジットカードを必要としている場合は申し込んでください。

場合によってはその店で利用可能な商品券が貰えたり、5〜10%ほどの割引になったりと利点も多くあります。クレジットカードを作ることで利用者にとっても得があるのであればぜひ積極的に申し込んでください。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
このWEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物をクレジットカード 審査ランキングの許可なく使用することを禁じます
Since 2007.7.21. Copyright(C)2007 クレジットカード審査ランキング  - All rights reserved